Euphorbia gariepina

Euphorbia gariepina in habitat

Gariepっていうのは、かの有名なOrange Riverのことだ。Great Riverの意味で、原住民のホッテントットの言葉ではガリエプというのだという。
Euphorbia gariepinaは、今回初めて。Bushy叢生して、いるけど、E. hamataや、他々と類縁の種である。実際見るのは今回が初めてで、興奮シテます。
オスメスあって、いずれかによって、形態が少し違うって、やばいよね。この株はどっちなんだろうね。

到着の状態はvery best!very fresh!
昨日到着したばかりで、アソートして、悪い所見て、check this out right here right now!原産地球が届いたら、どうやって扱うのか、到着から書いていく。今回のスペシャルオファーは、届いたばかりの抜き苗。抜き苗を買うっていうのは、本当に多肉植物の醍醐味の一つである。根を晒して、棚に転がしてある苗を選んで買うのは、The dopeness time rep. the succulent life.ぴりぴりしながら、やるの、本当に楽しいよ。guideするし。この機会を
僕自身の分も当然あるから、注文してもらった人たちには、オープンチャットで、ラインのリンクをおくります。そこで、質問だったり、扱い方だったり、その後の管理なり、コミュニケートしていけたらと思います。一緒に発根管理から初めて見るの、面白いんじゃない?Let’s try that!
売りっぱなし、ダサくね。手元に残す分ももちろんあるし、そのうちそれも数株だけどこかで販売するかもしれない。

多肉植物に独特の文化だと思う。普通は根ざらしで買うなんてことはないからね。Nakedな植物に触れて、excited。

もっと積極的な’楽しみ’な訳ですよ。リスクを見極めて、真剣勝負する。自分で引き受けて、最高の樹形で、二度とないかも知れん、という株なのに、根を見ると不安なところがある、諦めるか、take riskするか、枯れたらZeroだけど、二度と目にすることのないひと鉢を温室におけるかもしれない。普通だけど、心配のなさそうな株にする?さあどうする。悩んでいる間にも、隣の人が良い株に手を伸ばしている。時間はない。そういうリスクを、見極めて真剣勝負する。醍醐味がそこにはあるんです。もちろん、
100株のうち、50株残ればいいなんてやり方では、ダメなわけで、100株のうちの1株を絶対に枯らさないように管理するのがmy wayなわけです。

枯れたら仕方ない。will be next opportunity in the rest of my life.
臨場感のあるように、オファーできたらいいね。一枚一枚写真はのせるし、到着してからの処理なども、openしていきます。動画かな?
どうする?重さも、記載。
openライブオークションもできるよね。エクスクルーシブに。














今回のSpecial offerは、”抜き苗”です。抜き苗の意味するところは、最近では、ベアルートという言い方の方が馴染みでしょうか。

一緒に、発根管理から初めてみましょう。私のところで管理するものを、アップデートしていきます。
LINEのオープンチャットを利用して、質問にも受け付けます。質問事項は、このページにリスティングしていきます。