english ver

photos ©︎Etwin Aslander/Amante Darmanin

Prologue of Habitat Series 

I dreamed these sights. Surrounding a lot of succulents in my greenhouse, I was walking their habitat in my mind. The sights once I open the classic books like Euphorbia Journal, many memories of habitat are printed in my brain. Mesemb and Crassula in a plain of white quartz pebbles, Adenium in Kenyan red soil, Strombocactus half buring, catching a cliff, Brosferdia in small cracking of rocks to be almost square.., Lophophora in fissured muddy soil, and Ariocarpus in mud in very flat like painting, Conophytum soaking in water after a rain…..

Surprising charming and depressing shape of natural plants.
Even in a slight soil lik a cup of spoon,
No elongated, but not worn out to weak, keep its fascinating tough style there in habitat.


By spreading skills to grow by Japanese style, I can’t reach the specular beauty Fantasy of natural habitat. Japanese normal granular substrate like fomous Akadama can be totally different from soil of natural habitat with different nature.., different soil physical property. Thinking about Ariocarpus for example, how they can survive in such mud?? Easily they are suffered of water stress, not easy to penetrate water to roots. But.. they shows inevitable beauty there. whats a enigmatic. I’m a very good grower of succulents, a green fingers, but I can’t perspect to reach the style of beauty in habitat by using usual granular soils.. Not by grow them up more faster, more bigger, more satisfied, the other direction. I changed to the other direction to know the sense of wonder in natural habitat. To connect here the horticulture and nature, its called ‘Habitat Series’.


日本での栽培を突き詰めるほど、原産地の不思議は浮き彫りになっていく。日本で慣例的に使われる赤玉や鹿沼のような粒状土とは、全く違う性質、物理性がそこにはあるようだ。少し試してみればわかるが、姫牡丹にしてもこんな泥に埋もれて、どうやって彼らはいきていけるというのか、相当な水分ストレスであることは容易に想像できる。だが、彼らはそこで美しく育っている。そこに秘密があるに違いない。僕自身、赤玉や鹿沼、軽石を用いての用土研究は突き詰めて来た。ただ、こういう原産地のもつ不思議というのは、どうやらその延長線上には、ないようなのだ。どんなに加速しても、たどり着けない領域が、自然にはあった。早く、大きく、美しくつくるのとはまたちがう、別の方向性。そういう自然の不思議に迫ろうと、栽培と、原産地をつなぐシリーズ。それがHabitat Seriesと呼ぶもの。

雨後水溜りのようになった石英平原に生えるConophytum khamiesbergense
その周りに生えるごく小型のCrassula sp.
Like a brown sugar.

photos ©︎Florent Grenier

Core of the Habitat Series, to quest, is soil. Precious part of Habitat Series is called Surface Sand. Succulent inhabit around worlds with great diversity. Thus, its habitat  environment are also very variable. Climate, substrate, are variable. When I try to establish series of Surface Sand, I came across inspiration via special growers in the world.


Surface Sand 01, motif of quartz-field in South Africa-Namibia
Here is the first offer of Surface Sand. That’s motif is yellowish-white quartz field of SA~Namibia. Among succulent lovers, seldom never thought about the sacred area. I can say, the sacred area for us. Cape, Namaqualand, Namibia… there is the mother earth to grow living crystals. A pan field covered with quartz like rough brown sugar. There we can see Tylecodon, Othonna, Crassula, Pelargonium, Conophytum, Lithops, A to Z kind of Mesemb, and various kinds of bulb species. A admirable place in the earth. This surface, a few cm of quartz field catches slight fog, rain, and let the jewels grown up on the surface.

By comparing the habitat and my growth room, I reach one curious wonder. In the picture below, you can see mature plants of Conophytum comptonii, and also tiny small seedlings beside. They inhabit there in habitat, its very natural that occurs generational changes. But, it’s not so natural in our greenhouse. The generational changes seldom occur in pots by using substrate like Akadama. Pondering about this curious secret of nature is my trigger of Habitat Series. And here I offer Surface Sand 01 as its fruit of long journey of study.

Conophytum comptonii成球とその傍らの実生球

photos ©︎Florent Grenier

Honestly saying, it’s not so difficult to find a “top-soil sand” like brown sugar. For example, bottom sand for tropical fish looks alike and nice for eyes. But they are no longer than a “decorative sand”. Once you put them in a pot, we can’t see any sight if wet or dry in the pot. We often use black volcanic rock as decorative. Decorative rock is rock, so they won’t show once you soak in water it turn Colors but in a few hour, it totally dried up. If you put such rock on the surface, we cant see how wet in the soil itself, and sometimes we mislead to water too much and to be rotten. Remember the situation of Conophytum in habitat, they are soaked in water after rain. By using such rocks, we won’t see such situation after all. And such rock don’t keep water, so it never grow fragile seedlings on its surface. Once let us forget about your human-scale like S, M, L, let’s start to focus on nature-scale itself.

These field in Western SA are covered with hard quartz rocks. Such hard rock like grass has crashed and eroded in long long time to be fine grain or powder now. Off course, in nature, these sands can’t be assorted SML like decorative sands. They are composed by very fine powder, very small grain, small grain ….to rocks, of various size of grains. We always dispose such fine powder as horticultural methods, because they can upset roots and let them rotten. Here I mean fine powder as very small particle of soil. There are different types of fine powder of soil by its component, one is muddy one, and the other is sandy one. You can see in Akadama bag, such one we hate because roots can’t breath enough, such ones are muddy one. Such particle has water-holding crystal component, once you water them, they keep too much water and it let roots rotten.
こうしたざらめのような南ア西部の平原の多くは、硬い石英岩でできている。このガラスのように硬い石英も、永い年月で風化し屑になり、細かい粒や微塵となって大地を覆っている。想像に難くないが、原産地を覆う土は、SMLといった風に振るわれたようなサイズのそろったものであるはずがない。風土で侵食され風化した石英層は、礫や、微塵となり、様々なサイズの粒が混じり合って土壌を構成している。そこにはもちろん、園芸的には破棄されるような細かな粒や、微塵もが、混じり合っている。そうであるからこそ、雨後、水溜りのようになる風景が生まれるのだ。一般的に、微塵というものを栽培家は嫌う。目詰まりを起こし、根腐れを引き起こすから当然だ。”微塵”というのは、非常に細かなサイズの粒子をさすわけだが、結晶自体の構造から、泥性のものと、砂性のものがある。赤玉や鹿沼の袋にたまって嫌われている微塵は、泥性のもので、結晶構造自体にミクロな吸水構造があり、それ自体保水し、必要以上に水を持ってしまう。これは、多肉植物の栽培においては根腐れを引き起こしかねない。

In contrast, the SA field are covered with quartz sand, even fine particle of quartz don’t absorbe water in the particle as grass 弾くwater. But.., interestingly, such hard fine powder has another water absorbency. Thats a physical, capillary phenomenon.


その一方で、こうした南ア西部の平原の多くは、硬い石英岩でできている。ガラスが水をはじくがごとく、石英はその粒子自体に吸水性はほとんどない。それは微塵のように細かくなっても同じである。ただし、粒子がごく小さくなることで、粒子自体の給水力とは別の保水力が生まれる。それが、物理的な、毛細管現象だ。細かな石英質の微塵は、これによって、粒と粒の間に水を捉えている。こうした土壌では、多くの雨が一度機に降ると、目が詰まっているから一度は水がたまるが、次第にじんわりとゆっくりと、重力に引かれてしみ込んでいく。タオルが水を吸うように、この微塵がわずかな霧雨をもとらえて、生活圏である表土数センチを潤し、小さな実生を育むのである。感動的な事実だ。

Klipfontein, SA
雨後の水たまりに沈んだコノフィツム..、なんという景色だろうか。

photos ©︎Etwin Aslander


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-11.png

こんな風に、南アの植物に、風景に、想い馳せながら、精確な想像力で土の物理性を探求して作り上げたのが、今回オファーするSurface Sand 01。まずはSurface Sand 01の元となる原土があるわけですが、そのままでは、微塵が多すぎたり、大粒が浮きすぎたりで掘る場所や時々によって、毎回様子も違ってくる。これでは使い物にならないので、まずは原土をふるいにかけて、粒の大きさに分けていくところからはじめる。微塵から、細々粒、細粒、小粒、中粒、大粒、礫…という塩梅だ。ここから、微塵を基礎に、様々な配合を試していった。Surface Sandのひとつ大事な特徴、忘れてはならないコンセプトとして、”自然である”ということがある。先にも少し書いたが、一般に使われている化粧石というものが、いかにも”人工的”に見えるのは、粒が揃いすぎているからだ。自然界では、同じサイズのものばかりが揃ってあるというようなことはありえない。大小が妙に入り混じった”ランダム”さこそが自然な風景なのである。Surface Sandでは、このランダムさを大事に、丁寧に構成することにもこだわって、”人工”を消し去っている。そういった風に、先にふるい分けたそれぞれのサイズの粒をもう一度再調合してゆくのだが、様々な配合比率を試していく中で、もっとも自然に見える様々な大小の粒、そしてSurface sandの機能的核心部分でもある砂質の微塵が絶妙に混じり合った配合比を探求していった。そうして見つけた黄金比率で、Surface Sandは、でき上がっています。パッケージは、口付きスタンドパウチにパッケージされています。これなら、ベランダでも無駄な場所を取らず、不意にこぼしてしまうこともなく、また鉢に直接狙って注ぎ込むことができるようにデザインされています。

“Habitat is the fountain of my inspiration and the climax of my ideals. “

                                                                                                        “自然は、私にとって想像の源泉であり、理想の究極である。”

Beauvallon, SA
Minas Gerais, Brazil
Coahuila, Mexico

photos ©︎J.A. Audissou/Giovanna Anceschi & Alberto Magli/Peyote.mx

こうした南アの石英平原のほかにも、フォローしたいと思う特殊な原産地風景というものはもちろんある。赤い砂に覆われたナミブ砂漠に生えるサルコカウロンや、白くヒビ割れた泥に埋まった烏羽玉や姫牡丹、真っ白な砂に覆われたディスコカクタス…….、いずれ聖地巡礼へと向かうと思う、それだけ自然のつくる風景は、素晴らしい。トライしてみたいし、実際Surface Sandでは様々な色味や素材のシリーズを研究中だ。そういう資材の多様性が増すことは、園芸の醍醐味だし、エポックな素晴らしさがあると思う。ただ、Habitat Seriesにおいて、実際にそういう風景が存在するかどうか、ということは、あまり重要ではないと思っている。実際に存在する風景はもちろん、ありえたかもしれない風景を作ればいいのです。Habitat Sereisの本質は、自分の想像力を高めて、原産地に思い馳せる、という行為そのものであり、ありものの”再現”ではないということです。その現地へむかう”即興的な”時間が、また、植物への興味、好奇心を強めてくれるだろう。どこまでいっても、自然の前には無知に等しく、実際はこうだ、こうではない、という中途半端な識者に教えられた結果だけでなく、自分自身による想像と試行錯誤の道程こそが、園芸の楽しみというものではないでしょうか。ひいては、原産地に思い馳せ、調べたりするその好奇心は、いずれ我々を原産地へと誘うでしょう。現地とここをつなぐもの。それがHabitat Series.
是非一度、まずはお試しに。1袋1000円のオファーになります。

みなさま。
沢山のご注文をいただきありがとうございます。
初回のオファー用に作成準備していた分があっという間に出てしまいました。

毎日、お手元に届いた方々のIGポストで #surfacesand#habitatseriesのタグを見つけては、喜んでおります。

夜な夜なパッケージを刷り、朝な朝なに丁寧にフルイにかけては袋詰めしております。日々注文受け付けておりますので、いつでもご注文のDMお待ちして致しております。一人でも多くの方にSurface Sandの楽しみを共有できますことを。

(20. 10/23更新)

河野 The Succulentist

<<Surface Sand 01 注文方法>>
1袋1000円のオファーです。
インスタグラムのDMからもしくはprinciple997@gmail.comまで
・ご希望の袋数
・お名前
・ご住所/郵便番号
・電話番号
をお忘れなく。注文をお待ちしています。
まずはぜひ一度。

▪️▪️▪️
今回はSurface Sand初回注文の方々に、
66potを同封させていただきます。
66pot+Surface Sand= Habitat!!


66potについても、また詳細含めてページをつくって近々販売しますが、この角鉢の魅力は、使ってみればいわずもがな。まずはSurface sandと合わせて、手のひらの上の小さな世界を楽しんで見てください。

送料の最も安いレターパックプラスでの発送とさせていただきます。
1~5袋; 520円(レターパックプラス)
(6袋以上のご注文は、ゆうパックでの発送になり、地域により異なります。
)



-Fin-